show menu

山中湖の紅葉

秋になり、富士山から始まる紅葉はだんだんふもとの方に降りてきて、例年10月中旬頃から11月中旬にかけて山中湖では見頃となります。
1999〜2000年、2008年、2010年、2012年、2013年、2016年は11月初旬から中旬頃が見頃となりましたが、2001〜2003年、2009年、2014年、2015年は10月下旬頃から11月上旬が見頃でした。また、2004〜2007年、2011年、2017年は10月末から11月中旬頃が見頃でした。

今年は夏の天候が不順だったせいか、真っ赤に染まった葉は少なかったように感じました。
紅葉し始めるのは平年並みでしたが、きれいに染まっている期間は短かく、落葉しないで枯れてしまった葉も多々ありました。

また今年も見比べるように旭日丘湖畔緑地公園の同じところで9月26日から11月10日の葉が落ちるまで撮影()しました。

夕焼けの渚・紅葉まつり



11月3日〜10日撮影

11月20日
最高気温が10度以下の日が続き、朝の気温も氷点下5度以下の日もあり、葉が残っている木も美しくなくなってしまいましたので、今シーズンの更新はこれで終了します。
花の都公園
芝生広場には落ち葉がたくさんで、前回はまだ残っていたここにあるモミジも葉を落としてしまいました。
花の都公園
入口付近にあるモミジはまだ緑色の葉もありますが、枯れ始めてきてしまいました。
ホテルに上る道
いつも一番最後に紅葉する場所で、緑の葉もまだ残っていてきれいでした。
役場近く国道138号線沿い
先日まではきれいでしたが、ほとんど葉を落としてしまいました。
山中地区道ばた
真っ赤なモミジの木の下には落ち葉の絨毯ができていました。
11月16日
前回よりさらに葉は落ち、紅葉している木は少なくなってきました。
ママの森下
まだきれいでしたが前回より葉が少なくなっていました。
平野サイクリングロード沿い
この木はまだきれいに色付いていました。
役場近くの国道沿い
ここにはまだきれいな木が何本か残っていました。
花の都公園
前回はまだたくさん葉の付いてる木がありましたがずいぶんと少なくなりました。
11月13日
風が強い日があり最低気温も氷点下となり、一段と葉が落ちた木が増えて、紅葉している木はポツポツという感じになってきました。
ママの森下(11/13)
真っ赤に染まってきれいでした。
平野サイクリングロード沿い(11/13)
もう葉が残っているのは数本となりました。
パノラマ台(11/13)
少しくすんだ色になっていました。
花の都公園(11/13)
落ち葉が前日より増えていました。
花の都公園(11/12)
氷点下3度まで下がり木の下にはたくさんの落ち葉がありました。
花の都公園(11/12)
この日まではほとんどの木に葉が付いていました。

goto PageTop